ギター・ストラップ

一般に「ギター・ストラップ」と呼ばれ、ギターやエレクトリックベース用ストラップでは右利きの場合、 ストラップから頭を通し、左肩に引っかけ楽器を吊す。 クラシックギターにストラップを取り付ける場合には、片側をエンドピンと呼ばれる駒状のピンに、 ストラップに空いている穴に引っかけて取り付ける。 ギターのボディのネックエンド真裏や、ボディサイド面にストラップピンがある場合はそこに引っかける。 しかし殆どの場合そのピンが無いので、ネックとヘッドの間に紐を通してストラップに結びつけて取り付ける。 フォークギターやエレクトリックギターやエレクトリックベースの場合、ギターに取付けられてるエンドピンと ボディのネックエンド真裏やサイドに付いているストラップピンに引っかけて取り付ける。 材質は、革、ポリエステル、ビニールなど様々なものがあり、販売価格は700円~15,000円程度。 ヘヴィメタルのギタリストの場合は、金属の角や駒状のものが付いた派手目のものを選択する傾向がある。 長さも様々であり、調整が不可能なものから可能なものがある。 ギターを低い位置で構えるギタリストの場合は長めのものを選択する。